読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溶けてゆくほど優しく

誰よりも君を

新たな季節へ それぞれ「風 is a Doll?」


六本木でのアツい戦いの合間に元担の団扇を持って、念願の元担のソロコンサートを楽しむつもりでした。
風磨二連しようね?なんて約束もして。


いやぁまさかね?いるとは思わないじゃない?安井くん、風磨くんとはプライベートで一緒にいすぎて仕事仲間とは思えないって言ってたじゃない?

……ガッツリ一緒に仕事してますやん!まじか。


安井くんの団扇を持って、風磨くんのソロコンサートに行ってきました!

いざ、幕が開けば視界に映るのは。


風磨くんのソロコンさいっこうにたのしかった!!!!!!!!
なんだこれ!!!!!!!!!!



ソロコンのタイトル「風 is a Doll?」は、8人の人形怪盗団の名前。
人形たちは人間になるために人間の恋心を奪うという。今日はその作戦決行前夜、という設定。 

正直、風磨くんがソロコンでこのような「ストーリー性」のあるものを持ってくるとは思ってもいなかった。どちらかといえば彼のシンメ・中島健人のほうが例えばおとぎ話モチーフだったり、ストーリー性のあるものを好むように思えたから。


作戦決行前夜の今日、彼らの決起集会が開かれる。彼らの鼓動を感じてくれ。大いに暴れてくれ!
合言葉は……「Party up!」


あの日、風磨くんから降りることを決めた日も彼がわたしの目の前で歌い、情熱的に(?)腰を突き上げたParty up!で、見慣れた彼の姿ではなく下手マンションの最上階にいる安井くんを見ていました。
視界の右端に風磨くんがいるのは確認できる。でも、それでも、安井くんを見ていた。安井くんから目が離せなかった。
マンションの上部に指をかけ、上から見下ろしてくる安井くんの表情がとんでもなくエロい。ロック手袋、大好物。

Party up!もFaKeもこれまで風磨くんしか見てこなかったのに、わたしの視界には安井くんしかいなくて、安井くんがガシガシ踊ってて。降りたんだ、としょっぱなから実感。


7人のJr.は風磨くんのバックであることに間違いないんだけど、風磨くんは自分と横一線にして、同じ怪盗団の仲間として位置付けてくれたね。そのことが嬉しくて。風磨くんらしいなあと思った。そしてそれに応えるかのように、Jr.もバックに徹するときは完璧にバックに徹し、一緒に盛り上がるときは全力で盛り上がり、風磨くんを支えてくれたね。この夏、彼らは仲間だった。


ストーリー展開で「やられた…風磨くん天才か……」と思ったのがrouge。
菊池担でrouge嫌いなひといるの?レベルで厨が多い特別な曲。例に漏れずわたしもずっと、降りた今でもrouge厨だし、誰よりも風磨くんがrouge厨だよね。
だからこそ絶対セトリに入ってると思ってたし、初披露当時17歳だった彼が20歳になった大人のrougeをどうもってくるのか楽しみにしていた。
その結果が。

人間になるために人間の恋心を奪う彼らは稀に、恋心を奪う前に自分の恋心を奪われることもあるという。おや、一人仕事から帰ってきたようだ。恋心を奪うことはできたのだろうか?

ここで流れるrougeのイントロ。鳥肌が立った。上手マンションから現れる風磨くん。あ、当時の衣装のままだ。(JKがパツパツでキツそうだなあと思ったのは内緒ね?)(ドリボ控えてるから鍛えてるもんね?)そして、白シャツ黒ネクタイ黒スキニーの美勇人。

風磨くんしか存在することの許されないrougeの世界に、まるで最初から存在していたかのように、いるのが当たり前かのように現れた美勇人。美勇人のダンスと、歌う風磨くん2人でひとりのような錯覚に陥った。rougeの主人公の心の動きだったりを見事に表現して魅せた。
(ほんとはね、安井くんにもrouge踊ってほしかったんだー。だいすきで大切な曲だから、だいすきな貴方に踊ってほしかったの。それはまた今度ね。)
風磨くんは完全に恋心を奪われてしまっていたね。


突如始まる畳み掛けるようなコントの応酬。風磨くんと仲良しの芸人さんオテンキのノリさんが考えてくれたんだよね!ここは日替わりで、はぎちゃんのタクシーコント見れなかったのが心残り。やすぷまのコンビニコントは2回見ました。がんばりました。安井くんみたいな店員さんいたら新聞も温めてもらいたいしお箸つけてもらって食べちゃうもんね(?)
そういえばきくちたん時代、風磨くんと夫婦漫才するのが夢だったんだよね…安井くんいいなあ(?)


コントの中でカラオケに行ってみようという流れからみんなの知ってる曲入れるから、一緒に歌おうぜ!って流れてきたのがweeeekとJumpin'upとLucky Man。ガムパ勢は「じゅり!じゅり!じゅりじゅりじゅりじゅり!」って言っちゃうよ!だってラップじゅりが歌うやん!って思ったらオーラスで突然のふまラップ(笑)
Lucky Manは「superboyz 改め 風 is a Doll?」ってじゅったんが言ってくれて!そしてやすいくん………やすいくんありがとう!!!(笑)一生忘れません!


ソファーを引っ張りだしてきてみんなでぐだぐだおしゃべりしてる様はまるで普段の彼らを見ているようで。
特に真ん中の安井くん風磨くんじゅったんの並びが本当に好きで好きで困った。自担・元担・推し(じゅったんのお顔がいちばんタイプ♡)の並びなんだぜ?!風磨会最高!!!

ふだんMC回すときはみんなに話を振ってみたり空気を感じてタイムマネジメントしたりする安井くんだけど、このときばかりはまったりしてたね(笑)そんな姿も新鮮だったなあ。風磨くんとじゅったんがひたすら喋り倒してたけど、あれが彼らの通常運転なんだろうね。(笑)
ここでかの有名なさな爺のテーマソング「ガティムティガティ…」が披露されるのであった【完】



そしてやすぷまWONDER。初日のレポでいちばんの衝撃を受けたやすぷま曲。赤い風磨くんと、青い安井くん。まさかまさか、2人の曲が観れるなんて夢にも思わなくて( ;  ; )
改めて安井くんの表現力に息をのんだ。こう、なんていうか、いま言葉にしようと思ってもぴったりしっくりくる言葉がない。あれは観た人にしかわからないだろうなあ、というか観てほしい。
終演後きくちたんのおねえさんにもWONDERの安井くんお褒めのお言葉頂いて純粋にめっちゃうれしかった( ;  ; )♡

HELLOはこれまでの風磨くんのソロ曲にはないような明るくてアップテンポでさわやかな曲!すぐにすきになった。振りもかわいいし、少年でやるときはバックDollsにしてねおねがいね7人全員ね!!!
フードかぶって登場する安井くんがさ〜〜〜かわいいんだよ〜〜〜(泣)直前のWONDERとの振り幅に心がついていかない。


パ、パリマニ〜〜〜〜〜!!!!!めっちゃかっこいい。冗談抜きでめっちゃかっこいい!マンション最上階に美勇人が現れて「Yo come dance with me…」って言い始めるじゃん歓喜……!ほんと最高にかっこいい!これセトリに入れてくれた風磨くんに感謝だし、これやろうと思った安井くんに感謝だし、ホテルの部屋でパリマニ(本家)のリハ映像を安井くんに見せてくれた藤井流星くんに大感謝である。。。お願いだパリマニも少年でやろう。
わたしのTLのきくちたんにも軒並み高評価だったよパリマニ!


甚平着て夏祭りデート。流れるSUMMARYのイントロ。そう、ここはTDC。「覚えてねえよお」「踊れねえよお」なんて茶番を挟みながらも完璧にガシガシ踊るDollsたち。最高か。「俺これやったことねえよ」「大丈夫!俺やったことある!!!」そうだ、風磨くんはSUMMARYでサーフラやったことある。やすぷまわちゃわちゃフッキングとかしていざその場面になると、くるくる回り始めるあたかも空中に浮いてるかのように(地上で)。みんなそれはそれはたのしそうで。まさか夏に、TDCでSUMMARYが観れるなんて。誰のアイディアかな、風磨くんかな?

SUMMARY終わり「3.2.1.」で毎回一発芸をさせられるDolls。オーラスで座長の風磨くんからご指名を受けたのは安井謙太郎。
「今日は最後なので、風磨に手紙を書いてきました。俺の大親友、風磨へ」
ここではここまでで終わるが、のちの20-Tw/Nty-へと続く。


この夏を語るには外せない曲となったOh Yeah!。タオルぶんぶん振り回して、みんなで大合唱して。「もう一度 あの日に戻るとしても おなじ路選ぶだろう」戻りたい。


風磨くんのアカペラで始まるひとりぼっちのハブラシ
「ねえ君は 愛の続きを ねえ誰としてる?」

わたしは愛の続きを安井くんとしています。


ハブラシ→台所事情→リリックってセトリの組み方天才すぎない?

風磨くんのひとり喋りが始まって、暗点してるステージに机と椅子を運んでくるのは毎回安井くんなんだよね。オーラスのとき、いつものように机と椅子を運んできてぽんぽんってしてニコってわらって捌けていったの。
風磨くんが椅子に座ると、机の上には一通の手紙が。
「風磨へ   読んでね」

泣いちゃうよね?!風磨くん泣いてる( ;  ; )そりゃそうだ( ;  ; )これは、さっきSUMMARYで安井くんが読みかけた手紙だ( ;  ; )

「これがラストの公演だね。寂しい気持ちはあるけど、このメンバーで風磨とライブができて楽しかった。リハーサルのときもなかなか集まれなくて大変だったね。風磨の家でも、コントの練習をたくさんしたよね。この4日間、友達としてはもちろん仕事仲間として、最高の時間を過ごして嬉しかったよ。風磨にはこんなにも頼もしいファンのひとたちがたくさんいるんだから。これからも自信を持って、風磨らしく、前を向いて突っ走ってください。俺らも、負ける気ねえからな。風 is a Doll?より」


涙腺大決壊。
散々既出だとは思いますが敢えて書かせていただきます。
この手紙、風 is a Doll?名義だけど、もちろんみんなで考えたとは思うけど、中心になったの安井くんだよね?
優しいことばの数々がもう安井くんで、風磨くんが読んでるんだけど安井くんで再生されて。最後の「俺らも、負ける気ねえからな」ってところがもう……安井くんのその言葉を風磨くんが言ってくれて読んでくれて、泣くほどうれしかった。なんていい関係なんだろう、わたしが軽率に「やすぷま〜〜〜すき〜〜〜」って言えないくらい、深い信頼関係で結ばれてるんだ、安井くんと風磨くん。


はじめ、20こそJr.つけなくていいんじゃないかって思ってたんだけど、最後明るくなってマンションにJr.がいる光景を見て、なんて素晴らしい仲間を持ったんだろうって。みんなが温かく風磨くんを包んでくれてる気がして、素敵な演出だったなあ。
そしてMy Lovin' Seasonで泣いてる風磨くんの周りをにやにやしながら囲むDollsたち。みんな目が赤いよ。水着コレクションのやすぷま芸すきよ。もう言葉なんていらないなって、目の前で繰り広げられてるこれがすべて。

モニターにはアロハシャツに身を包んではしゃいでる風 is a Doll?の面々。風磨くんは何度も何度もこの映像で大丈夫かな?とかみんなに確認してたらしい(笑)ほんと細部まで風磨くんの拘りが見えて、本当にこのソロコンに情熱注いで懸けてくれたんだなあって。そりゃ構成考えただけで2㎏くらい痩せちゃうかもね(笑)



オーラスWアンコ。
マンションには5人のシルエット。まさか?って少し期待したけど、明らかに見慣れたSexy Zoneじゃない(笑)ええーーー0番にいるの自担だ!(笑)安井くんじゃん!(笑)

ここまで自分のソロ曲以外セクゾ曲をひとつも入れてこなかったのに、オーラスのWアンコで持ってくるのは相当な勇気がいるだろうし、本人たちも賭けだったんじゃないかな。
実際セクゾじゃない安井くんたちだ、ってなったとき安井くんとかさなぴーは苦笑いでごめんねって口パクしてて。
でも最後に持ってくるあたり、風磨くんらしいよね(笑)
美勇人はターンしてWildにな〜るよってキメキメで踊るし、続くセクサマではそれまでやりたい放題やるのに「波をつかま〜えて!」のところは集合してみんなで波つかまえるし(笑)
もうなんなんだよこいつら、好きしかないわ(笑)

セクサマの最後5人のセリフをひとつも譲らず全部自分で言った風磨くんは、紛れもなくSexy Zone菊池風磨
どこまでも風磨くんが風磨くんのソロコンだった。



後に知るのですが、今回のバックのJr.は風磨くんが決めて風磨くんが直談判したと。
初めてのソロコンでいくつかテーマはあつたと思うんだけど、そのなかに「友情」っていうのも含まれてたんだなあ。この素敵な仲間も菊池風磨を構成するひとつなんだと。
だからこそ仕事仲間ではないと言っていた安井くんにも声をかけたのかな。

急きょ(菊池)風磨のソロコンにも出ることになって。ホントは風磨と仕事したくなかったんだ。友だちとしてのつき合いが長いから、関係性が変わっちゃうんじゃないかと思ってさ。ただ、それでも声かけてきたってことは、きっと理由があるはず。この夏は、風磨とガッツリ踊ってみるよ。(duet 2015.9)


もしも、安井くんがDollsじゃなかったとしたら。風 is a Doll?に安井くんが出演していなかったとしたら。もしかしたら、きくちたんに出戻りしていたかもしれないなあ、なんて。
ここ数年できくちたんを降りていったかつての仲間が、この夏、風磨くんに惹きもどされているんだよ。
自分の手で、自分の実力でファンを惹きもどしてる風磨くんすごくない?それくらい、素敵なライブだった。

だからなおさら、こんな素敵なステージにわたしのいちばんだいすきな人が出演できて嬉しいし、そんな安井くんを誇らしくおもうよ。
風磨くん、安井くんを選んでくれてありがとう。



本当に風 is〜ロスがひどいよ。どうしてくれるの?Party up聴くと間奏で「Kentaro Yasui!」ってメンバー紹介始まるし。一瞬でも気を抜くと脳内でやすぷまがWONDER歌い出すし。困ったものです(笑)

あのときあの空間でかんじたきもち、言葉にできないから歌うよってまさにそんなかんじ。Dollsたちのこと考えると1曲くらい作れそうだぜまじで。

みんなが風磨くんのことを好きだったし、風磨くんもみんなのことがだいすきなんだなあって伝わってきて、本当に愛で溢れる現場でした。
愛の連鎖。だいすきなひとたちがそれはそれはたのしそうに笑ってて、こんなに素敵なことはないし、だいすきなひとが笑っていてくれたらわたしもしあわせだな、これ以上のしあわせはないよね!
風磨くん、ほんと大人になったなあ( ;  ; )いい男だ( ;  ; )♡


これからもっともっとすごい菊池風磨になると言った風磨くん、負ける気ねえからなと言った安井くん。
大切でだいすきな2人に、それぞれ素敵な未来が待っているかとおもうとわくわくしてしょうがないの!


ほんとはきくちたんとして風磨くんのソロコン入りたかったなあってちょっぴりおもってる(笑)自担のソロコン入りたかった!なんでわたしが降りたこのタイミングでソロコン?!しかも安井くんバックにつけるって何事?!殺す気なの?!って何度も何度も思ったけど、これが運命(笑)
このタイミングでよかったと思ってます。ようやく自分の中でも整理できたというか、改めて実感したというか。
安井くんの素敵な未来に、一緒に歩んでいきたいです。


何が言いたいのかもうわかんなくなってきた、やっぱり言葉にできない( ;  ; )


まるで夢みたいな4日間。
本当にこの世にあの空間は存在していたのか?と思わせるほどの濃密な4日間。


わたしにとって本当に最高のコンサートだったから!風磨くんにとっても安井くんにとっても、風 is a Doll?に関わったすべてのひとにとって、素敵な夏の思い出になってたらいいなあ。
……ファンだけじゃなくて、わりと本人たちも引きずってるよね?(笑)わりと拗らせてるよね?そういうところもだいすき!(笑)


Sexy Zone A.B.C-Z  Summer Paradise in TDC 
菊池風磨ソロコンサート
『風 is a Doll?』

2015.8.2 SUN 17:00
2015.8.3 MON 13:00 / 17:00
2015.8.4 TUE 17:00
2015.8.5 WED 13:00 / 17:00

出演者

安井謙太郎(ジャニーズJr.)
田中樹(Six TONES)
真田佑馬(ジャニーズJr.)
萩谷慧悟(ジャニーズJr.)
半澤暁(ジャニーズJr.)
増田良(ジャニーズJr.)


この夏たくさんの恋心を奪った8人のDollsたちに、またどこかで逢えると信じて。
Special Thanks…Dear.風 is a Doll?



夏の終わりを知らないわけじゃない
思い出も紡いでも戻れはしない
空に上げて 合図  また花びら舞い
空見上げて 曖昧に語り出すふいに
また来年集いたいなんて
毎年ながらも切なく響く
ただ今はこのまま暫く
儚く舞う花びらの如く…

潮の香り 星空 つなぐ手と手ほどいて
地平線 その先 新たな季節へ それぞれ

My Lovin' Season / 菊池風磨


それぞれの未来へ歩むDollsへ。

f:id:waka7_40:20150825074522j:image
f:id:waka7_40:20150825074442j:image

安井くんといれば、いつでも
「My Lovin' Season♡」