読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溶けてゆくほど優しく

誰よりも君を

21歳のお誕生日に寄せて


また今年もこの日がやってきた。
でも、去年までとちがうことがひとつだけあるね。
もういちばんではないけれど、愛おしくてたまらないあなたのたいせつな日に、あなたへ贈る、言の葉。





思えば去年の今ごろ、すでにわたしはほかのひとに心を奪われかけていて。たしかに奪われかけていたのだけれど、完全に奪われていなかったのは、奪われまいとしていたのは、19歳のあなたがとても重いものを背負っているのではないかと、をたくの妄想にすぎないのだけれど、そんな気がして。
いま、このひとから目を離してはいけない、というか離すことができなかった。そんな、あなたを置いてわたしだけひとり楽になるなんて、そんなことできるわけないじゃないか。そう思っていた。


わたしがあなたをすきになったとき、あなたは不器用で不安定であぶなっかしくて儚くて。そんなところもすきだったなあ。
そんなあなたが20歳だなんて、大人の仲間入りするなんて。

1年前はほんとうにただただ信じられなくて。大人になんてならないで、と言いつつも、20歳をお祝いできたのがほんとうにうれしかったよ。


そして20歳の菊池風磨くんは、驚くほどのスピードで、駆け足で、どんどん大人になっていった。



ドラマ「アルジャーノンに花束を」は19歳の風磨くんと20歳の風磨くん、どちらも存在している特別な作品。
脳科学研究者役という、普段からはかけ離れた役は台詞を含め難しかったでしょう。
普段の菊池風磨ではないけど、小久保一茂はたしかに菊池風磨くんが演じていた。


3枚目のアルバムをひっさげたツアー「Sexy Power3 Tour 2015」。
「Tw/Nty-20-」は何回観ても何公演観ても泣いたっけなあ。


4月には入所8年目の春を迎えて。
オールスター感謝祭にも出演して。


音楽番組で宝塚のみなさんと夢の共演をしたり。
W杯バレーのアンバサダーとして取材や新企画、レギュラー番組を持ったり。
自分のお仕事の傍ら、別の場所でがんばる仲間のお仕事の見学に行ったり。


夏。
「Summer Paradice in TDC」
菊池風磨ソロコン「風 is a Doll?」は20歳のあなたを語るには切り離せない瞬間。
夢のような時間空間だったけど、たしかにあの4日間は存在していて。
ステージの真ん中に立って汗びっしょびしょになって歌って踊るあなた。
そしてなんて素敵な笑顔を見せるのだろう、あなたの心からの笑顔を見たのはとてつもなく久しぶりな気がして、ツンと苦しくなったのも憶えてる。
たいせつな親友たちと、素敵なものを創り上げたね。

「誰が人形だって?」は風磨くんらしいなあ。いつでも自分の気持ちに素直に正直に動くあなたはとてもまぶしくて。
大人になるにつれ、そうはしたくてもできないことも多々あるけれど。
あなたはいつも、いつでも自分に正直にまっすぐそのまま突き進んでほしい。
なんでだろう、風磨くんなら大丈夫、って思っちゃうんだよね。


大成功をおさめたソロコンを引きずってはいたけれど、「これをグループに、Sexy Zoneに還元する」と何度も何度も口にした風磨くん。
覚悟が垣間見えた瞬間。

思い出にはまだしない、
My Lovin' Season。



舞台「DREAM BOYS」。
ダブルキャスト、チャンプ。
2014年1月27日ぶりの帝国劇場に立つあなたは役柄もあるだろうけれど、すっかりたくましいひとりの男のひとになっていて。
こんなに感情を揺さぶる演技をするんだ、と毎公演新鮮に驚かされた。
病室のシーン、迫真の演技、消え入りそうな声で紡ぐ「終わらない夢を描こう」に、気づけば涙してしまったっけ。

「最高の仲間と過ごした人生、悔いなんてねえよ!」
フウマだからこそ、風磨くんだからこそ言える台詞。

願わくば今年もまた、ひとりのチャンプに秋の帝国劇場で出逢えますように。



夏ぶりに帰ってきたTDCで見せた5人のシルエット。
ライトの関係で俺だけでっかくなっちゃった、なんて後日談を語っていたけれど。
たくさんのひとが待ち望んだ姿に、ようやく少しずつ近づいているような。


5人全員での露出も増えて、音楽番組で事務所の先輩たちと一緒にパフォーマンスして。
(個人的にFNSのV6兄さんとのセクバニがめちゃくちゃすきだったよ!!!)


胸キュンスカッとでは文字どおり胸キュン…待ってた……!
2016年は胸キュンなドラマ出演もお待ちしております♡


そして12月31日。
3度目の紅白と、カウコン。
風磨くんにとっても、きっと忘れられない時間になったね。
大好きなアニキとのふたりっきりのステージ。笑顔が隠しきれなくて、嬉しい恥ずかしい楽しいすべてがつまった、とても素敵な笑顔でした。


年始にはin L.A.してみたり。
たのしかったようでなによりよ♡


4枚目のアルバム「Welcome to Sexy Zone」も発売され、番宣ラッシュに全国5都市でのファンミーティング。

そして今月末からいよいよツアーがスタート。




本人も言葉にしていたけれど、20歳は本当にいろんなお仕事をしていろんな風磨くんを見ることができて。
充実してただろうなあ。たのしかったかなあ。



そんな濃密な1年に、わたしは少し離れたところからあなたを見守ると心に決めたのだけれど。

薔薇色の日々のとある言葉がいまでもずっと忘れられないでいる。

「もう一度、あなたの止まった時計の針を僕らと動かしませんか?」

すごくものすごく心にガツンと響いて、ギュッと胸が苦しくなったけど。もう答えは出ていたから。





菊池風磨くん、
21歳のお誕生日おめでとう。

2016年、21歳のあなたにますますの活躍と、素敵なお仕事に恵まれますように。
そしてそしてこれからもあなたらしく、ただひたすらに前を見つめて突き進んでください。ついていくから。

少し離れたところから、見守らせてください。

あなたはどんどん大人になっていくけれど、そのままのいたずら少年のようなところもだいすき。
ファンにハラハラそわそわさせるくらいで、少し心配させるくらいで、いいからね?(笑)



菊池風磨くんのこれからに、幸せがたくさん訪れますように。


北の大地から愛を込めて
2016.3.7


Happy Happy Birthday 
dear Fuma.K♡

f:id:waka7_40:20160307132138j:image



歩んだその先に
僕の夢の続き
必ず見せるから。

20-Tw/Nty- / 菊池風磨